2015年9月

FX投資開始の際に覚えておくことがFX

FX投資開始の際に覚えておくことがFX

(公開: 2015年9月 3日 (木))

FX投資開始の際に覚えておくことがFXチャートを理解することです。

FXチャートとは、変動する為替相場をわかりやすくグラフ化したものです。数値を見ただけでは理解しにくいですが、グラフ化によって理解しやすくなります。効果的にFXチャートを使用しないと利益を追求することが難しいので、見方を忘れないように気をつけてください。FX投資を実施する際に理解していたいのがFXチャートの見方だ。



FXチャートというは、為替相場の変動をグラフ化したものだ。
数値のみでは見づらいですが、グラフだとわかりやすくなります。
FXチャートを活用できないと利益を出すことは難しいから、見方を理解しておきましょう。

近頃、世の中で注目され始めているのがバイナリーオプションという商品です。分かりやすく説明すると、通貨の価値が上るか下がるかを予想して、結果的に予想が的中すれば利益が出る構造になっています。
ギャンブルではなくあくまでも投資なので、社会的要因や相場情勢などを分析する能力が必要です。

FX投資で得られた利徳には税金がいくらになるのでしょうか?FX投資によって得られた利益は税制上、「雑所得」扱いとされます。

一年間の雑所得の合計が20万円以下の場合は、税金がかかることはありません。
しかし、雑所得の合計が20万円以上になる場合には、確定申告を行う必要があります。
税金が未納の場合と脱税になってしまうので、ご用心ください。



FX投資で手にした利益には税金が発生するのでしょうか?FX投資によって生じた利益は税制上、「雑所得」という区分になります。年間の雑所得の合計金額が20万円より下であれば、税金は必要ありません。



しかし、雑所得の合計が20万円より上である場合には、確定申告をしなくてはなりません。


税金を払わずにいると脱税として罰せられますので、どうぞお気をつけください。口座を設けるだけならFXの知識が無くてもできます。


申し込み画面の案内文に従い操作するという簡単な手続きなので、パソコンや投資に慣れていなくても問題ありません。

でも、手軽にできるだけに、危険も大きいです。誰でもFX口座を開けてしまうので、全く予備知識なしにトレードに入ってしまう人もいます。FXの主流は、短期の取引です。
一般的には、デイトレといいます。デイトレの中の「デイ」というのは、日本時間で指す0時から24時ではなく、ニューヨーク時間になるのです。要は、世界の金融は、ニューヨークを中心に動いているということなのです。短期トレードは、価格が急激に変化するリスクが低くなりますが、その分、大きな利益も得るのが難しくなります。


FX業者によっても取引システムは違い、自分にとって使いやすい業者と合わないところがあります。


それを実感するためにも、模擬取引は有用です。さらに、FX業者の中には、賞品があるところもあります。高い順位に入ると外車などが賞品となっているデモトレードもあり、臨場感を持って取り組むことができるでしょう。FX投資によってうまれる利益は課税対象のため確定申告が必要ですが、1年利益を出せなかった場合はしなくても良いのです。

でも、FX投資を継続していくのであれば、利益が出なかった年も確定申告をしておいた方が懸命です。


確定申告をしたならば、損失の繰越控除ができるので、最大で3年間は、損益を通算できます。

FXでは投資家の損失額が膨らみすぎないように、あらかじめ定められた割合以上の損失が発生すると強制ロスカットするメカニズムを使用しています。相場が急に変動したり、翌日や週明けに大きな窓を開けて市場が開くとロスカット水準から大きく乖離してしまい、証拠金を超える損失金額が生じるケースがあります。肥後すっぽんくろず